第114回日本内科学会

先日、第114回日本内科学会総会(平成29年4月14日から16日:東京国際フォーラム)に参加致しました。

初日のポスターセッション(第16ブース、地域医療②)で以下の2題を発表いたしました。

174. 遠隔操作型アンドロイドによる認知症患者QOL及び介護負担改善効果の検証

 

遠隔操作型アンドロイド:テレノイドについての検証結果を報告いたしました。

短い発表時間でしたがご関心を頂き、意義あるセッションとなりました。

 

認知症患者さんのQOL向上につながる可能性のある点、介護者負担の軽減に

つながる可能性について特にご関心頂き、ご質問を頂戴いたしました。

175. 多施設による自動排泄処理装置の被介護者及び介護者に対するQOL改善効果及び費用効果の検証

 

自動排泄処理装置ダイアレットの効果について発表致しました。

製品自体をご存じない先生方が殆どでしたが、多くのご質問を頂戴しまして、

有意義なセッションでした。

 

当日座長の先生は急遽交代されましたが、今後の研究の展開を期待するとのお話を頂きました。

What's New