第113回日本内科学会総会

2016年4月15日~17日の日程で

第113回日本内科学会総会が東京国際フォーラムで開催されました。

現在東海大学医学部付属八王子病院と共同研究を行っている

腸内細菌叢に関する研究について

 

「腸内細菌叢パターンによる潰瘍性大腸炎患者の病態、経過と相関した新規分類方法の開発」と題し

 

現時点までの結果を報告いたしました。

一般演題として採用され、3日目のポスター発表となりました。

東海大学 水上創先生がご発表になりました。

本研究はプレナリーセッションに選出され、ホールAで口演発表がありました。

今回は一般演題524題から13題が選出されました。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

What's New