ストレスチェックについて

2015年12月よりストレスチェックは従業員50名以上の企業において義務化されます。

 

その実施方法についても未だ手探りな状態です。特にストレスチェックを行ってもその効果がどの程度得られるかということは不明な状態です。

 

人は様々なストレスにさらされていますが、そのストレスによってどのような反応をするかは人によっても異なります。

ある人は昇進が大きなストレスになり、別のある人は降格が大きなストレスとなり得ます。

 

適材適所は従業員個人にとっても管理者にとっても企業にとっても非常に重要な課題です。

 

予測医学研究所ではストレスチェックにそのような機能を持たせたツール、より効率的で効果的、個々の企業の風土、業務に応じた予防のためのツール開発を精神神経科医と共同で進めております。

 

興味のある企業や健康保険組合のご担当の方はお問い合わせより御依頼ください。

What's New